商品紹介

【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の単行本発売日やあらすじは?読み方はひゃくねんどろ?

投稿日:

こんにちは。

みなさんは本は読んでますか?

毎年、芥川賞や直木賞はテレビでも注目を浴びますが、そんな中で今回私が気になったのが、石井遊佳さん作「百年泥」です!

 

まず、なんて読めば良いのかもわかりませんが(笑)

なんといっても発売日や内容が気になりますね!

 

そこで今回は、【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の単行本発売日やあらすじは?読み方はひゃくねんどろ?ということで調査してきました!

スポンサーリンク

【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の単行本発売日は?

発売日は2018年1月24日のようです。

なので、芥川賞受賞者発表直後の現在は、予約受付中というカタチになりますね。

【芥川賞】石井遊佳「百年泥」のあらすじは?

百年泥」は自分の意思に反してインド・チェンナイで日本語教師をすることになった女性が、現地で百年に一度という大洪水に見舞われ、川の濁流に押し流され堆積した泥から現れた品々にまつわる出来事を追体験するという内容

出典:http://www.shinchosha.co.jp/shincho/tachiyomi/20171007_4.html

百年泥は、日本語教師でもある作者の石井遊佳さんと同じ職業、同じ場所とのことです。

細かい設定や理由は異なりますが、石井遊佳さん自身、「似たようなもの」と作品「百年泥」に対して話しています。

実体験とまでは行かないのかもしれませんが、自身が経験してきたことは、人の心を動かしやすいのでは無いかと個人的に感じました。

ただ、百年泥の作者の石井遊佳さんの境遇は必ず誰しもが経験するようなことでは無く、この経験に出会えたのも作家としての運命だったのではないかと私は思います。

スポンサーリンク

【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の読み方はひゃくねんどろ?

そのまま読むと「ひゃくねんどろ」ですが、なかなか聞かない言葉だということと、ちょっと言いにくい言葉だなと個人的に思ってしまうので、もしかしたら読み方が違うのではないかと考えていました。

かといって、ここまで簡単な漢字の羅列を他の読み方で読めなんて、百々米木(どどめき)とか春夏秋冬(ひととせ)、十一月二十九日(つめづめ)みたいな難読の苗字を思い出します…

 

しかし、結局「百年泥」の読み方は「ひゃくねんどろ」で良かったみたいです☆

ちょっと試されているのではないかと考えて、かなり頭を使ってしまいましたね(笑)

まとめ

それでは今回は、【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の単行本発売日やあらすじは?読み方はひゃくねんどろ?ということで調査してきましたが、

  • 【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の単行本発売日は、2018年1月24日のようです。
  • 【芥川賞】石井遊佳「百年泥」の読み方はひゃくねんどろで良かったみたいです。

 

では

スポンサーリンク

-商品紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

匿名質問サービス【マシュマロ】の登録方法や使い方は?アプリやツイッター連携方法も!

こんにちは。   みなさんは、SNSは使ってますか? 有名なものだと、 インスタグラム ツイッター フェイスブック などが思い浮かぶと思います。   そんな中、最近は増えてきたのが …

no image

Sarahah(サラハ)の日本語版の配信日はいつ?レビュー評価や口コミは?

こんばんは。有瀬です! Sarahahが日本上陸しましたね! でもまだまだ入ってきたばかりなので、日本語版が無いんです。。。   英語が苦手な私にはさっぱりわからないですねー 日本語版はやく …

no image

【akippa】駐車場予約アプリの使い方とキャンセル方法!招待コード入手方法も!

こんばんは!有瀬です。   休日は旅行したりドライブに出かけたりするわたしですが、そんなときにいつも困ることがあるんです…   それは「駐車場が見つからない…」ということですね。 …

no image

NEWSアルバム9【EPCOTIA】の意味や収録曲と歌詞は?rar・mp3・予約

こんにちは。   みなさんは、ジャニーズすきですか? 私は、好きです。 特に、【NEWS】が好きなのですが、NEWSのいいところは、最初は9人ほどいたメンバーが4人になっても、バラエティーで …

no image

【芥川賞】若竹千佐子 「おらおらでひとりいぐも」の意味やあらすじは?モデルや感想も!

こんにちは。 みなさん、2018年の芥川賞の発表はもう見ましたか? 今年も話題作が多くノミネートされてる中、ついに芥川賞の受賞作品が決定しましたね☆   なかでも、若竹千佐子 さんの「おらお …